- FOR OWNER -

賃貸経営のメリット・デメリット

不動産賃貸経営を行うには、メリットとデメリット(リスク)があります。賃貸経営を成功させるために、賃貸オーナー(大家)の立場からリスクを事前に把握し、失敗しないための対策を立てておきます。

賃貸経営の主なメリット

まずは、不動産賃貸経営の際の主なメリットを確認してみましょう。

家賃収入

マンション経営などの賃貸経営は、不動産を貸すことにより、賃貸オーナー(大家)として毎月安定した家賃収入を長期に渡って得ることができます。私的な年金として老後の生活資金とすることができます。

万一の際の生命保険代わり

万が一の時でも、不動産は資産として家族に残ります。住宅ローンを完済してない場合にもマンションの住宅ローン契約時に「団体信用生命保険」の加入により、ローンが保険で支払われるために、家族にはローンが残りません。残された家族は、賃貸経営を継続する場合には家賃収入が得られ、売却した場合にはまとまった現金収入を得ることができます。

節税対策

賃貸物件の場合には、駐車場や遊休地などの「非住宅用地」に比べて、固定資産税、都市計画税がそれぞれ1/6、1/3(1戸200㎡まで)になるなど、税金が軽減されます。また、相続税も、マンションが建築されている場合には「貸家建付地」として更地などに比べ約2割、相続税評価が下がり税金が安くなるなど、税金が大幅に軽減されます。

賃貸経営の主なデメリット(リスク)

それでは賃貸経営のデメリット(リスク)を見ていきます。

空室リスク

家を貸す際、賃貸経営には空室のリスクがあります。空室になると家賃収入が減少します。多くの場合、家賃の設定が的確でない場合が考えられます。

青山通り不動産では、的確で最適な賃料の査定、入居者の募集等。賃貸経営をバック アップする賃貸管理の豊富な実績がありますのでご安心ください。 また、私達「青山通り不動産」には、家賃の集金を代行する 「集金代行管理システム」もございます。

建物の老巧化

賃貸経営において、年数の経過による建物の老巧化は避けて通ることができません。 老巧化した物件は、入居者の確保が困難になり、家賃の値下げを行わざるを得ない状況に なる場合があります。

災害

賃貸経営に限ったことではありませんが不動産には 火災、地震などの自然災害で不動産が倒壊、消失するリスクがあります。 火災保険などの保険に加入しておく必要があります。

売却時のリスク

急遽、売却することにし現金化しようとしても、早く売却できるとは限りません。買い手が見つかっても、必ずしも希望価格で売却できないケースも考えられます。賃貸住宅経営は、賃貸オーナー(大家)の立場から自分の資産の運用方法を明確化し、長期的視野で計画を立てていくことが大切です。